疾患一覧 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷

疾患一覧

食道アカラシア

カテゴリー:小児小児外科食道

 アカラシアとは、嚥下時に本来起こるべき下部食道括約筋(LES, lower esophageal sphincter)...

歯周病

カテゴリー:頭部歯科歯・あご

 歯周病は、炎症が歯肉に限局する「歯肉炎」、歯根膜や歯槽骨にまで炎症が波及した「歯周炎」、さらに辺縁歯肉の位置がセメント...

クラミジア感染症

カテゴリー:小児小児科女性

 クラミジアはグラム陰性の細胞内寄生菌で、ヒトに感染するものとしてはクラミジアトラコマテイス(Chlamydia tra...

黄体機能不全

カテゴリー:女性女性診療科女性

 黄体機能不全とは、黄体からのエストロゲンとプロゲステロンの分泌不全により、子宮内膜の分泌性変化が完全におこらないものと...

アレルギー性鼻炎

カテゴリー:小児小児科耳鼻咽喉科アレルギー

 アレルギー性鼻炎は、発作性反復性のくしゃみ、水性鼻汁、鼻閉を3大主徴とする典型的なI型アレルギーであり、ダニ、ハウスダ...

消化管重複症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 消化管重複症(Duplication of the alimentary tract)は、それまでenterogeni...

伝染性膿痂疹

カテゴリー:小児小児科皮膚科皮膚感染症

 細菌による皮膚の感染症であり、原因菌が直接表皮に感染して膿痂疹の状態を生じたものを伝染性膿痂疹という。季節的には皮膚が...

晩期循環不全

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 晩期循環不全は、2000年以降本邦での報告数が増加した早産児の合併症の一つである。本症は、早産児、特に在胎期間が28週...

高血圧性腎硬化症

カテゴリー:内科循環器内科腎臓・内分泌内科心臓腎臓血圧血管

 腎硬化症を含む腎機能障害は慢性腎臓病(chronic kidney disease: CKD)と総称され、腎臓病の早期...

腸アニサキス症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜感染症

 アニサキス症はAnisakis亜科の線虫が人体に侵入して引き起こす病態で、1960年にヒトへの感染例が報告された1)。...

アメーバ症

カテゴリー:外科大腸・肛門外科腸・腸間膜感染症

 アメーバ症は世界各地に分布しており、世界で約5億人が感染している1)。発症率は、アジアでは10%を超えるのに対してヨー...

口腔乾燥症

カテゴリー:頭部歯科

 口腔乾燥症とは、本来は口腔の乾燥症状を表す「症状名」であるが、最近は慣用的に種々の疾患を含んだ広義の「疾患名」として用...

腸管出血性大腸菌感染症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども腸・腸間膜感染症

 腸管出血性大腸菌感染症は、いわゆるO-157を代表とする病原性大腸菌のある一群による感染症で、汚染された食材や水を摂取...

ネフロン癆

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども腎臓

 ネフロン癆 (nephronopthisis: NPH)は、腎髄質に嚢胞形成を認める疾患の代表であり、組織学的には、進...

滑膜肉腫

カテゴリー:整形整形外科関節筋肉がん

 滑膜肉腫は青年期(15~35歳) の男性の軟部に多く発生する悪性腫瘍です。滑膜という名前がついていますが滑膜から発生し...

悪性線維性組織球腫(骨)

カテゴリー:整形整形外科

 病理学的には、「花筵状パターンを示す線維芽細胞ならびに多形細胞よりなる悪性新生物」と定義されています。このように書かれ...

悪性線維性組織球腫(軟部)

カテゴリー:整形整形外科関節

 悪性線維性組織球腫は、骨ならびに軟部の両方に発生する原発性悪性腫瘍です。「肉腫」と呼ばれる筋肉や骨などに発生する「がん...

急性陰嚢症

カテゴリー:小児小児外科男性性器

 急性陰嚢症(acute scrotum)とは、陰嚢の急激な有痛性腫脹をきたす疾患の総称である。緊急手術が必要な疾患が含...

精巣腫瘍

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども男性性器

 精巣および傍精巣組織から発生する腫瘍は、小児固形腫瘍の約2%を占め、2歳前後に最もよくみられる。人種によってその頻度は...

停留精巣・移動性精巣

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども男性性器内分泌

 停留精巣は精巣が正常の下降経過の途中で停留して、陰嚢底部にまで到達していない状態である。移動性精巣は、精巣が鼡径部と陰...

流行性耳下腺炎

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども感染症

 おたふくかぜと呼ばれる、両側耳下腺腫脹を特徴とした感染症。 

結核

カテゴリー:感染症内科小児感染症

【概要】    結核は結核菌による感染症である。かつては猖獗をきわめた感染症であるが、第二次大戦後抗結核薬の開発・...

混合性結合組織病

カテゴリー:小児小児科リウマチ・膠原病

【概要】      小児期発症の混合性結合組織病(MCTD)は、臨床像が多彩であり、疾患の長期経...

胎児水腫

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども妊娠

 胎児水腫とは何らかの原因で多量の水分が胎児の血管外の部位に蓄積されることにより、胎児の広範な軟部組織の浮腫や体腔内(胸...

胎児における外科治療

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 近年、先進国における新生児死亡の原因においては、かつての後天的疾患は影を潜め、その主体は先天的疾患が占めるようになって...

人・メタニューモウイルス感染症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども感染症

 人・メタニューモウイルス(human metapneumovirus: hMPV)は、2001年オランダの研究グループ...

子宮筋腫

カテゴリー:女性女性診療科女性女性性器出産

 子宮筋腫は産婦人科医にとって最も経験することが多い子宮腫瘍である。子宮筋腫の治療は近年種々の新しい技術や薬物の開発によ...

新生児マス・スクリーニング検査の異常

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども内分泌代謝(糖尿、肥満など)

 早期発見し、治療することで症状の発生が予防される先天性代謝異常症と内分泌疾患の中で、発生頻度が比較的高く、信頼度の高い...

小児糖尿病

カテゴリー:糖尿病・代謝内科小児小児科乳幼児、子ども代謝(糖尿、肥満など)

 従来、小児糖尿病の大半は1型糖尿病であると考えられていたが、小児においても成人と同様に2型糖尿病が数多く存在する。糖尿...

1型糖尿病

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 体のなかで血糖を下げる唯一のホルモンであるインスリンの産生細胞(膵臓のランゲルハンス島にあるβ細胞)が破壊さ...

前立腺癌

カテゴリー:外科男性泌尿器科男性科男性男性性器がん

 前立腺癌は骨転移を来しやすく、難治性の癌という印象であったが、近年は前立腺特異抗原(PSA)検診を受ける人が増加し、早...

漏斗胸, 鳩胸

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども胸壁・縦隔

 漏斗胸は,胸骨と肋軟骨および肋骨の一部が脊柱方向に向かって漏斗状に陥凹した胸壁の異常,またはその変形の状態をいう。 逆...

糖尿病の運動療法

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 2型糖尿病において、運動療法は食事療法、薬物療法と共に重要な治療方法の一つである。運動療法の目的の一つはインスリンの効...

糖尿病

カテゴリー:内科糖尿病・代謝内科代謝(糖尿、肥満など)

 糖尿病は一言でいうと血液の中に含まれるブドウ糖の濃度(血糖値)が高い状態が長く続く病気です。血糖値がある程度高くなると...

関節リウマチ

カテゴリー:アレルギー科リウマチ科外科整形整形外科関節リウマチ・膠原病

 関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis)は、原因不明とされる全身性炎症性疾患で、病状が進行すると徐々に...

リウマチ熱

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子どもリウマチ・膠原病

 病因が確定された唯一の自己免疫性炎症性疾患。A群レンサ球菌感染が先行し、その2~3週後に発熱、関節炎、心炎、皮疹、不随...

片頭痛

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども

 片頭痛は、日常生活に支障をきたす一次性頭痛の一つであり、「前兆のない片頭痛」と「前兆のある片頭痛」の二つの主要なサブタ...

薬物中毒

カテゴリー:小児小児科中毒

定義  中毒とは、化学物質などの吸入、経口的な摂取、皮膚・眼などに接触することにより体内に吸収され、有害な作用を身体に及...

食道良性腫瘍

カテゴリー:外科胃・食道外科食道

 我が国では、食道に発生する腫瘍は圧倒的に扁平上皮癌が多く、良性腫瘍は稀である。また、良性腫瘍の大半を非上皮性腫瘍である...


このページを印刷

診療科別