Warning: session_start(): open(/var/lib/php/session/sess_068b5a5d697041bf0eca19c74f5568ea, O_RDWR) failed: Read-only file system (30) in /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/disease_list.php on line 7

Warning: session_start(): Cannot send session cookie - headers already sent by (output started at /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/disease_list.php:7) in /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/disease_list.php on line 7

Warning: session_start(): Cannot send session cache limiter - headers already sent (output started at /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/disease_list.php:7) in /home/httpd/vhosts/mymed.jp/httpdocs/disease_list.php on line 7
疾患一覧 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷

疾患一覧

喉頭・気管軟化症

カテゴリー:呼吸器外科小児小児外科乳幼児、子ども呼吸器

 喉頭や気管などの気道が必要な剛性に欠けるために呼吸困難をきたす状態を気道軟化症と言い、病変の部位によって喉頭軟化症、気...

小腸閉鎖症・狭窄症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

概念  腸管内腔の連続性が完全に絶たれている状態が閉鎖症、内腔が狭い状態が狭窄症である。後天性にも起こりうるが、この稿で...

起立性調節障害

カテゴリー:循環器内科小児小児科乳幼児、子ども心臓血圧

 自律神経による起立後の循環動態の調節が不十分なために引き起こされる病態である。一般には朝の起床後の立ちくらみ,眩暈,脳...

ロタウイルス感染症 ・ ノロウイルス感染症

カテゴリー:内科小児小児科感染症

 感染性胃腸炎の中でウイルスを原因とするものの割合は高く、小児の散発例ではロタウイルスが25-30%で最多を占め、次いで...

智歯周囲炎

カテゴリー:頭部歯科歯・あご感染症

 智歯(第三大臼歯)周囲組織の炎症をいう。口腔領域の化膿性炎症ではもっとも頻度が高い。  萌出の途中あるいは半埋伏の状...

未熟児網膜症

カテゴリー:小児小児科眼科乳幼児、子ども

 早産で生まれた新生児(低出生体重児)におこる眼疾患である。視覚の感覚受容体である網膜を損傷するか網膜剥離を引き起こすこ...

頻脈・不整脈

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども心臓

 日常の小児科臨床において、もっとも遭遇する不整脈は期外収縮であり、学校検診や診察上の心音の不整で指摘を受けることが多い...

胃GIST

カテゴリー:内科消化器内科外科胃・食道外科

現在のGISTの定義  過去にはその概念や定義に変遷があり混乱もみられたが、現在は、消化管の間葉系腫瘍のうち、KIT...

胃腺腫

カテゴリー:内科消化器内科外科胃・食道外科

 胃腺腫は通常隆起型を示す腫瘍性病変で、ポリープの一つとして分類されるが、まれに陥凹型の病変も存在する。過去にはIIa-...

多指症・合指症

カテゴリー:形成外科整形整形外科乳幼児、子ども

 手足の先天異常にはさまざまなものがある。その中でもとくに多いのが、多指症と合指症である。また、四肢の先天異常は、多種多...

慢性腎不全

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども腎臓

 腎不全とはなんらかの原因で、腎臓の機能単位(糸球体と尿細管よりなり、ネフロンと呼ぶ)が減少し、腎機能が低下した状態をい...

新生児高ビリルビン血症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども

 ヒトの一生で、黄疸が生理的であるのは新生児期のみである。黄疸を呈する原因は、ビリルビン(正確には、4Z,15Z-bil...

新生児仮死

カテゴリー:小児小児科小児外科乳幼児、子ども呼吸器

1.概要   1.1 概念  娩出された新生児は臍帯結さつ後速やかに啼泣し、第一呼吸を開始する。第一呼吸に引き...

EBウイルス感染症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども感染症

 EBウイルスはヒトヘルペスウイルスγ亜科に属する2本鎖線状DNAウイルスである。直径110nmの正20面体...

低酸素性虚血性脳症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども

 低酸素、虚血による脳障害に筋緊張の異常、刺激に対する異常反応、痙攣、意識障害などの神経症状を伴うものを低酸素性虚血性脳...

くる病

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども

 くる病とは、骨基質の石灰化不全によっておこる病態の総称であり、骨変形と成長障害を主徴とする小児期の代表的骨疾患である。...

不妊症の診断と治療

カテゴリー:女性女性診療科女性

 不妊症は10組に1組はみられるという比較的頻度の高い疾患である。不妊の定義は、「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定...

心室中隔欠損症

カテゴリー:循環器内科小児心臓

 左右心室の間に存在する中隔に欠損孔が存在する疾患。様々な心奇形に合併することが多いがここでは単独で存在する場合について...

心房中隔欠損症

カテゴリー:循環器内科小児心臓

 左右心房の間に存在する中隔に欠損孔が存在する疾患。部位によって①一次中隔型②二次中隔型③静脈洞型④単心房型に分類される...

手足口病

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども感染症

 手、足、口腔内、臀部に痂皮を形成しない小水疱のできる病気。  手足口病は、その名が示すとおり、口腔粘膜および手...

突発性発疹

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども感染症

 乳児期に罹患し,3~4日間の高熱と解熱後の発疹を特徴とする感染症である。

慢性心不全

カテゴリー:内科循環器内科心臓

 慢性心不全は高血圧、虚血性心疾患、心筋症などの様々な循環器疾患の臨床経過の果てに心機能低下を生じ、末梢主要臓器の酸素需...

乳幼児突然死症候群

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども

 乳幼児突然死症候群(SIDS)は「それまでの健康状態および既往症からその死亡が予測できず、しかも死亡状況調査および解剖...

髄膜腫

カテゴリー:外科脳神経外科

 髄膜腫とは、脳を包んでいる硬膜と言われる膜から発生した腫瘍の総称です。従って、脳腫瘍とはいっても脳そのものから発生した...

新生児低Ca血症

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども

 新生児低Ca血症は発症に2つのpeakがある。早期に起こるもののほとんどは外部(子宮外)環境への適応途中の生理的なCa...

小児における再生医療

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

失われた機能の回復を目指した医療   「失われた臓器や機能の回復」は医学の、そして小児外科における永遠の...

川崎病

カテゴリー:小児小児科感染症

 川崎病は、乳幼児に好発する原因不明の急性熱性疾患であり、1967年に川崎富作博士により世界で初めて報告された1)。病態...

細菌性心内膜炎

カテゴリー:循環器内科小児小児科乳幼児、子ども心臓感染症

 心腔、弁、大血管を含めた心内膜への感染により細菌性集簇を含んだ疣腫(ゆうしゅ=vegetation)を作った全身性敗血...

頭蓋内出血

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども予防

 新生児の頭蓋内出血の出血部位や発生機序は児の成熟度によって異なる。正期産児では硬膜下、クモ膜下などの脳表層部に多く、分...

急性小脳失調症

カテゴリー:小児小児科頭部乳幼児、子ども

 ウイルスや細菌感染症の回復後や予防接種後の一定期間(罹患や接種後10日程度、1ヶ月以内)をおいてから小脳症状を呈する症...

多発性神経炎

カテゴリー:神経内科小児乳幼児、子ども

 2ヶ月以上にわたる慢性に進行する運動・感覚障害を呈する脱髄性の多発ニューロパチーである。対称性に運動、感覚が侵される多...

気道異物

カテゴリー:小児小児科小児外科耳鼻咽喉科乳幼児、子どものど呼吸器予防

 気道にとどまってしまった外来性の固形物を気道異物と呼ぶ。気道異物はその存在部位により、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)異物と...

消化管異物

カテゴリー:外科一般外科小児小児科小児外科乳幼児、子どものど食道予防

 口から誤飲して消化管に入った、外来性の異物を消化管異物と呼ぶ。形状や臭い、味に関わらず、身近にある口の中に入りうる全て...

気管支炎・肺炎

カテゴリー:小児小児科乳幼児、子ども呼吸器

 喉頭より上部の炎症である上気道炎(鼻炎・咽頭炎・扁桃炎など)・クループ症候群(急性喉頭炎・急性喉頭蓋炎など)に対し、そ...

腰部脊柱管狭窄症

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 脊柱管とは脊椎の中で前方を椎体や椎間板、後方を黄色靭帯や椎弓で囲まれた部分を指し、腰椎ではその中を馬尾や神経根が通って...

腰椎すべり症

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 すべりとは椎体が下位椎体に対して前方にずれている状態をいい、そのために腰痛や下肢痛などの症状が出現した場合に腰椎すべり...

腰椎分離症

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 腰椎の後方要素である椎弓に骨性の連続性が失われた場合に分離があるという。通常は関節突起間(峡部とも言う)に発生する。そ...

腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 椎間板内の髄核が線維輪を破り、後方に突出した状態を椎間板ヘルニアという。椎間板後方には、下肢や陰部に向かう神経が存在し...

Ewing肉腫

カテゴリー:小児小児科血液

 Ewing肉腫は主として若年者の骨に発生する未分化で悪性度の高い腫瘍である。組織学的には、円形の核を有する小型の細胞が...


このページを印刷

診療科別



Warning: Unknown(): open(/var/lib/php/session/sess_068b5a5d697041bf0eca19c74f5568ea, O_RDWR) failed: Read-only file system (30) in Unknown on line 0

Warning: Unknown(): Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (/var/lib/php/session) in Unknown on line 0