頸椎症性神経根症 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷
最終更新日:2010.11.01

頸椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)

Cervical spondylotic radiculopathy

執筆者: 星地 亜都司

概要

 頚椎の椎間板変性、骨棘形成、椎間関節の変性、脊柱靭帯(後縦靭帯か黄色靭帯)の肥厚、さらにこれらの変化に伴って発生する脊椎不安定性など、脊椎の加齢現象によって疼痛や神経症状が生じた状態を(変形性)頚椎症と呼ぶ。

 このような変形性頸椎症とよばれる状態によって、頸椎内の脊髄の通り道である脊柱管に狭小化が生じ、内部の脊髄組織が圧迫されることによって、四肢体幹のしびれ、筋力低下、膀胱直腸障害などの神経症状が発生した病態が「頸椎症性脊髄症」である。

 これに対し、圧迫される対象が脊髄ではなく、その分枝である神経根である場合を「頸椎症性神経根症」という。頸椎症性神経根症では通常、障害される神経根は1本であり、症状は片側の上肢(腕や手)の限局した部分のしびれ、痛みと頸部や肩甲骨部の疼痛である。

病因

 椎間板の変性、椎間関節の変性、それらに起因する頚椎異常可動性(不安定性)や頚椎弯局異常などが頚椎症の実態である。いずれも脊椎の加齢現象であるが、そのような加齢現象の起きやすさ、重症化しやすさの原因はまったく不明である。

病態生理

 頸部神経根症が発祥するメカニズムとしては、変性した椎間板の後方突出、椎体隅角部での骨棘形成が圧迫因子となる(図1)。頸椎椎間板ヘルニアによる神経根症との区別は、臨床上も画像上も実際のところ難しい。


(図1)頸椎の神経根の通り道にできた骨棘  丸印はすべて神経根の通り道である椎間孔。矢印は椎間孔を塞ぐようにできた骨棘。

臨床症状

自覚症状


 左右どちらかの1−3本の指のしびれと後頸部または肩甲骨部の疼痛が自覚症状となる。手指のしびれを欠くこともある。神経根のなかには、感覚性神経である後根と運動神経である前根が含まれている。一部の症例で運動神経の障害症状である上肢の筋力低下が出現する。しびれの範囲、筋力低下の部位は、障害された神経根の高位によって差がある。親指のしびれでは第6頸髄神経根、示指か中指のしびれが強い場合には第7頸髄神経根、小指のしびれが強い場合には第 8頸髄神経根が障害された可能性が強い。頸部を後方倒すと腕や頸部、肩甲骨部に痛みが放散することが本症の特徴と考えられている。

他覚症状


 頸部を斜め後ろに倒すことで放散痛が生じること以外には、自覚的なしびれと痛みが主症状である本疾患の他覚的所見は乏しい。一部の症例では上肢の筋力低下を検出できる。

診断・鑑別診断

 単純X線写真で図1のような骨棘形成の所見がみられることは、無症状の場合にもよくあることであるので診断上特異的な所見とはいえない。MRIでも頸部神経根を精度よく描出できていないため、診断は症候学的なものとなる。すなわちしびれの強い指があって、頸部の姿勢に依存する痛みであることで本症の診断となってしまうのが現実である。除外診断が重要であり、手首や肘での末梢神経の絞やく性神経障害(手根管症候群、肘部管症候群)、腕神経叢腫瘍、神経をまきこんだ肺癌などの存在を常に意識して診療に望む必要がある。

治療

 保存的治療が第一選択肢であり、わが国で本症に対する手術治療が行われることは少ない。薬物治療として、非ステロイド系消炎鎮痛剤, ビタミンB12、筋弛緩剤、安定剤などが使用されている。付随する不安や不眠に対し、抗うつ剤を使用することがある。

 頸椎の伸展位(後屈位:あごをあげる恰好)が症状悪化や遷延化の原因となるため、その恰好を避けるよう十分注意してもらう。うがい、洗濯物干し、コンピュータ作業時などに顎を上げた頸部ポジションをとること、床屋での髭剃りなどが、これに相当するため、避けるべき注意点として指導事項に含める。睡眠時の枕にも注意を払う必要があり、顎があがらないよう注意を喚起する。水泳と頚部の体操は中止する必要がある。

 急性期で疼痛が激烈な場合には、ステロイド内服薬を短期間使用することがあるが、消化性潰瘍防止に留意する必要がある。前頸部の胸鎖乳突筋後方のいわゆる斜角筋ブロックも有効なことがある。難治例では頸椎装具を使用する。顎があがった頸椎伸展位での装着とならないよう、顎を軽く引いた極力楽なポジションでの装着とする。上肢の筋力低下(手指が伸びないいわゆる「下垂手」と肩挙上困難例)では手術療法を選択することがあるが、成績が一定していない。

 外来での間欠牽引療法については、患者の苦痛にならないよう牽引の方向や重量に十分注意して行う必要がある。実際のところ、装具等による頸部安静療法意外で有効性が証明されている理学療法はないといってよい。カイロプラクティスなど代替医療の有効性は示されていない。頚椎他動運動によって、症状が悪化した事例がある。

予後

 頸部のポジションに注意払って保存療法を行えば、疼痛が軽減する可能性が高い。

執筆者による主な図書

1) 星地 亜都司 著:Critical Thinking脊椎外科,三輪書店 2008

2) 中村耕三 監修、星地亜都司・織田弘美・高取吉雄 編集:整形外科手術クルズス,南江堂 2006

(MyMedより)推薦図書

1) 平林洌 著:肩こり・手足のしびれ―頸椎からくるトラブル,講談社 2000.05

2) 伊藤彰一 著:神経MRI診断学,シービーアール 2009.11

3) 星野雄一 監修:しびれが気になるときに読む本 (早わかり健康ガイド),小学館 2007

4) 伊藤達雄, 戸山芳昭 総監修:腰痛、肩こり、手足のしびれ (別冊NHKきょうの健康),NHK出版 2004

5) 三井弘 著 :首は健康ですか?―肩こり・頭痛は危険信号 (岩波アクティブ新書) ,岩波書店 2002

免責事項

情報の正確性には最善の注意を払っておりますが、内容により生じた損失、損害についてMyMedおよび執筆者はいっさいの責任を負わないものとします。
ご自身の健康上の問題については、専門の医療機関とご相談ください。

※ この記事に関するご意見をお聞かせください。


このページを印刷

診療科別


※ マイメドでは、疾患項目の追加、および最新情報をお知らせするためにメールマガジンを配信しております。ご希望の方は下記にメールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。
  なお、次の職業の方は、職業をご選択の上、メールアドレスを入力の上、送信ボタンを押してください。

メールアドレス: メールアドレス(確認用):
医療関係者の方はご選択ください: