外科 - MyMed 医療電子教科書

MyMed(マイメド)は、究極の医療電子教科書の作成を通じて、利用者のニーズにあった理想的な医療情報サイトを作ろうというプロジェクトです。

MyMed


このページを印刷

「外科」一覧

潰瘍性大腸炎

カテゴリー:内科消化器内科外科大腸・肛門外科腸・腸間膜

 明らかな外因なく、大腸粘膜を主座として生じる炎症性腸疾患。全国的には13万人以上の人がかかっていると推定されている。

脂肪肉腫

カテゴリー:整形整形外科筋肉皮膚がん

 その名のとおり脂肪細胞より発生したと考えられる悪性腫瘍です。転移性軟部腫瘍も含めた軟部悪性腫瘍の中で悪性線維性組織球腫...

脂肪腫

カテゴリー:整形整形外科筋肉皮膚

 脂肪腫は、最もよく目にする良性の軟部腫瘍です。通常は単発性に見られます。多発性であることはまれです。皮膚のすぐ下に発生...

十二指腸がん

カテゴリー:外科一般外科十二指腸腸・腸間膜がん

 十二指腸は右上腹部の胃と小腸の間にあって、指を12本並べた分の長さ(約30cm)に相当することからこの名があると言われ...

門脈圧亢進症

カテゴリー:小児小児外科肝臓

 門脈は上腸間膜静脈と脾静脈が合流して形成される。門脈圧は腹腔内臓器からの血流量と肝臓の毛細管網を中心とする肝内の血管抵...

気管狭窄症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 小児の気道は上気道(鼻咽頭腔から声門)と狭義の気道(声門下腔、気管、気管支)に大別される。呼吸障害を来し外科的治療の対...

膵管胆道合流異常症

カテゴリー:外科肝・胆・膵外科肝臓

 通常、胆管と膵管は括約筋の作用が及ぶ十二指腸壁内で合流し共通管を形成する。膵管胆道合流異常は“解剖学的に膵...

胆管炎

カテゴリー:外科肝・胆・膵外科肝臓

 急性胆管炎とは肝内、肝外胆管の急激な限局性ないしび漫性の炎症である。何らかの原因による胆道閉塞機転により胆汁が感染した...

下垂体腺腫

カテゴリー:外科脳神経外科内分泌

 下垂体はヒトの体にとって大切なホルモンの中枢です。脳にぶら下がる形をしており(下垂体の名称の由来)、直径1cmほどの小...

腸閉塞症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

 腸管内容が、何らかの原因で肛門側へ通過しない病的状態を腸閉塞症(イレウス)と定義される。腸液、ガス、糞便などが腸内に充...

二分脊椎症

カテゴリー:外科脳神経外科小児乳幼児、子ども脊髄

二分脊椎症とは  二分脊椎症とは、背骨の背側の一部(椎弓)が欠損している状態を指す. ...

筋性斜頸

カテゴリー:小児小児科整形整形外科乳幼児、子ども

 筋性斜頸とは、片側の胸鎖乳突筋の短縮により、患側に頭を傾け、顔が健側を向く姿勢をとる疾患である。胸鎖乳突筋部に腫瘤が存...

上腕骨顆上骨折

カテゴリー:小児整形整形外科乳幼児、子ども

上腕骨顆上骨折は小児の肘周辺骨折の中で最も頻度の高いもので、転落や転倒により生じる。一般に診断は容易であるが、適切な治療...

喉頭・気管軟化症

カテゴリー:呼吸器外科小児小児外科乳幼児、子ども呼吸器

 喉頭や気管などの気道が必要な剛性に欠けるために呼吸困難をきたす状態を気道軟化症と言い、病変の部位によって喉頭軟化症、気...

小腸閉鎖症・狭窄症

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども腸・腸間膜

概念  腸管内腔の連続性が完全に絶たれている状態が閉鎖症、内腔が狭い状態が狭窄症である。後天性にも起こりうるが、この稿で...

胃GIST

カテゴリー:内科消化器内科外科胃・食道外科

現在のGISTの定義  過去にはその概念や定義に変遷があり混乱もみられたが、現在は、消化管の間葉系腫瘍のうち、KIT...

胃腺腫

カテゴリー:内科消化器内科外科胃・食道外科

 胃腺腫は通常隆起型を示す腫瘍性病変で、ポリープの一つとして分類されるが、まれに陥凹型の病変も存在する。過去にはIIa-...

多指症・合指症

カテゴリー:形成外科整形整形外科乳幼児、子ども

 手足の先天異常にはさまざまなものがある。その中でもとくに多いのが、多指症と合指症である。また、四肢の先天異常は、多種多...

新生児仮死

カテゴリー:小児小児科小児外科乳幼児、子ども呼吸器

1.概要   1.1 概念  娩出された新生児は臍帯結さつ後速やかに啼泣し、第一呼吸を開始する。第一呼吸に引き...

髄膜腫

カテゴリー:外科脳神経外科

 髄膜腫とは、脳を包んでいる硬膜と言われる膜から発生した腫瘍の総称です。従って、脳腫瘍とはいっても脳そのものから発生した...

小児における再生医療

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

失われた機能の回復を目指した医療   「失われた臓器や機能の回復」は医学の、そして小児外科における永遠の...

頭蓋内出血

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども予防

 新生児の頭蓋内出血の出血部位や発生機序は児の成熟度によって異なる。正期産児では硬膜下、クモ膜下などの脳表層部に多く、分...

気道異物

カテゴリー:小児小児科小児外科耳鼻咽喉科乳幼児、子どものど呼吸器予防

 気道にとどまってしまった外来性の固形物を気道異物と呼ぶ。気道異物はその存在部位により、上気道(鼻腔、咽頭、喉頭)異物と...

消化管異物

カテゴリー:外科一般外科小児小児科小児外科乳幼児、子どものど食道予防

 口から誤飲して消化管に入った、外来性の異物を消化管異物と呼ぶ。形状や臭い、味に関わらず、身近にある口の中に入りうる全て...

腰部脊柱管狭窄症

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 脊柱管とは脊椎の中で前方を椎体や椎間板、後方を黄色靭帯や椎弓で囲まれた部分を指し、腰椎ではその中を馬尾や神経根が通って...

腰椎すべり症

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 すべりとは椎体が下位椎体に対して前方にずれている状態をいい、そのために腰痛や下肢痛などの症状が出現した場合に腰椎すべり...

腰椎分離症

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 腰椎の後方要素である椎弓に骨性の連続性が失われた場合に分離があるという。通常は関節突起間(峡部とも言う)に発生する。そ...

腰椎椎間板ヘルニア

カテゴリー:整形整形外科脊髄

 椎間板内の髄核が線維輪を破り、後方に突出した状態を椎間板ヘルニアという。椎間板後方には、下肢や陰部に向かう神経が存在し...

先天性股関節脱臼

カテゴリー:小児小児科整形外科乳幼児、子ども関節

 新生児期から乳児期における小児整形外科分野の代表的疾患である.  発生頻度は人種的,地域的にかなりの差があるが...

新生児一過性多呼吸

カテゴリー:内科総合内科呼吸器内科小児小児科小児外科乳幼児、子ども呼吸器

 新生児一過性多呼吸(TTN : Transient Tachypnea of the Newborn)は、出生後の肺胞...

直腸肛門奇形

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども肛門

 生まれつきおしりの穴がない病気を肛門が閉鎖しているという意味で鎖肛という。鎖肛にはおしりの穴があっても正常な位置とずれ...

パーキンソン病

カテゴリー:内科神経内科老年病科外科脳神経外科

 パーキンソン病は、安静時振戦(安静時の手の振るえ)、筋固縮(筋肉のこわばり)、無動、動作緩慢(円滑な動作の障害)、姿勢...

神経膠腫

カテゴリー:外科脳神経外科脊髄がん

 脳には、神経細胞と神経線維以外にその間を埋めている神経膠細胞(グリア細胞)があります。  この神経膠細胞から発生...

食道癌

カテゴリー:外科胃・食道外科のど食道がん

 食道に発生するがんを食道がんという。食道悪性腫瘍の大部分はがん(癌腫)であり、肉腫は1%以下と少ない。  原発性...

腹壁破裂、臍帯ヘルニア

カテゴリー:小児小児外科乳幼児、子ども

 出生時に臍帯の中に腸管などの腹腔内臓器が脱出していたり 臍帯の脇から内臓が脱出している状態。多くは出生前の超音波で診断...

胆嚢炎

カテゴリー:外科肝・胆・膵外科肝臓

 急性胆嚢炎とは胆嚢壁の急性炎症を主体とした病態であり、臨床的に遭遇する機会が多い疾患である。無石胆嚢炎のように胆石の無...

先天性胆管拡張症

カテゴリー:外科肝・胆・膵外科肝臓

 総胆管を中心として胆道が嚢腫状あるいは紡錘状に拡張する疾患で、かっては総胆管嚢腫(choledochal cyst)と...

気管腫瘍

カテゴリー:内科呼吸器内科外科呼吸器外科胸壁・縦隔呼吸器がん

 原発性の気管腫瘍はきわめて稀である。多くが悪性腫瘍で、良性腫瘍はその内の10-15%の頻度を占めるという。悪性腫瘍では...

乳癌

カテゴリー:外科女性女性診療科乳腺外科女性外科女性乳房がん

 乳癌の発生頻度は年間4万人を超えると推定され、また罹患患者を含めると、現在国民30人に1人が乳癌になったことがある、と...


このページを印刷

診療科別